トップページへ
社員教育特集
ルールを社内に周知徹底。
社員教育とは

個人情報保護体制を社内に根付いた強固なものにするためには、作成した内部規程や個人情報の取扱いのルールを社内に周知し徹底する必要があります。同時に、個人情報保護の知識を持った人材を育成することは、社内の情報セキュリティ体制を継続的にレベルアップさせるためには欠かせない要素にもなっています。

社員教育の目的

社員教育を行うときには、次の3つのポイントを外すことは出来ません。「なぜ個人情報を守ることが大切なのか!」社員皆さんにしっかり考えていただく必要があります。

個人情報を保護することの「重要性と利点」
個人情報を保護するための各自の「役割と責任」
個人情報保護のルールに違反した場合、「予想される結果」

社員教育の方法(アプローチ)
年間計画立案〜社員研修会のレビュー|アプローチ図
当社の社員教育コンサルティング 〜より効果的な社員教育を目指して〜

教育担当者の負担を最小限度に押さえ、最大限の教育効果を実現します。教育コンテンツ(テキスト)は個人情報保護対策の一般的な内容をベースにしつつも、クライアント様の日常業務に則した内容にカスタマイズします。最近の個人情報保護対策の傾向と対策を加えた、部署別、役職別の教育コンテンツを作成します。

ページ上へ
COPYRIGHT (C) 2007 KATAMATSU CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.